BRANDS IN CULTURE

「ストーリーテリング」から「トラストビルディング」へ:レイ・イナモト氏が語る、ブランド構築の新たな地平

「信頼」こそ、ポストコロナにおけるブランド構築の鍵だ。

2010年代以降、スマートフォンやソーシャルメディアの普及により、生活者の購買行動は大きく変化した。昨今のコロナ禍により、この流れはさらに加速したといえるだろう。そんななか企業は、いかにブランドを構築していくべきか。

「重要なのは地道に、信頼性のある製品/サービスを提供し、派手なコミュニケーションに頼らないブランド構築だ」。こう語るのは、ニューヨークを拠点に世界で活躍するクリエイティブ・ディレクターであり、ビジネスインベンションファーム「I&CO(アイ・アンド・コー)」共同創業者のレイ・イナモト氏だ。

イナモト氏は2021年3月4日、オンラインイベント、DIGIDAY+TALKSの第8段[特別編]「レイ・イナモトに聞く - デジタル時代のブランド構築」に登場。現在、DIGIDAY[日本版]にて連載中の企画「レイ・イナモトのデジタル時代のブランド構築 4つの法則」で記された内容をベースに、ブランド構築の思想や方法論について語った。