スターバックス は、なぜ人間労働を絶対に排除しないのか?

コーヒーショップ界の巨人、スターバックス(Starbucks)が努めているのが、有人と無人、その両者間の絶妙なバランスをとったサービスだ。同社はリテールエクスペリエンスを時代に合わせて変え、必要な手順の最大限の削減を試みている。だが、その最終目標は人的交流の完全排除ではない――むしろ、その反対を目指している。