ブランドパーパス の発見と活性化、いかに達成すべきか?

激化の一途をたどる競争環境により、ブランドパーパスの有効性は今後も伸び続けるはずです。ブランドパーパスとは、ブランドと社会が共有し、互いに存在意義を感じる目的のこと。それを活用する過程には大きく発見、活性化、計測の3段階が存在します。今回の記事では発見と活動について説明します。ーー荻野英希氏による寄稿コラム。