「素早さ」で勝負する、 WSJ の新プロダクトの中身とは?:いままでの半分の期間で対応

不確実な市場でマーケターをサポートすべく、WSJはブランデッドコンテンツを迅速に展開することができるプロダクト開発に取り組んでいる。これまでの同社のコンテンツリューションはゼロからオーダーメイドで作り上げるものだったが、新商品群はそうした同社のフィロソフィーを曲げてでも「迅速」で「即応性」を高めている。