老舗ニュースメディアがYouTubeを裏切らない理由:「常にオーディエンスはそこにいる」

動画ニュースで人気を誇る「ザ・ヤング・タークス(The Young Turks:以下、TYT)」の主戦場は、10年前の発足以来、常にYouTubeだ。

いまでは、FacebookやTwitterなど、ほかのプラットフォームにもコンテンツを配信しているが、どんなときでもYouTubeが中心であることは変わらない。なぜならオーディエンスは、いまもそこに集まるからだ。

2005年12月の発足以降、「TYT」が築き上げた35のYouTubeチャンネルのネットワークは、時事、スポーツ、エンタメ、テクノロジーなどの分野を網羅している。240万人以上の登録ユーザーを抱えるメインチャンネルを筆頭に、TYTネットワーク全体の登録ユーザー数は460万人に及び、再生回数は毎月1億回に上るという。