2019年、パブリッシャーの「合併」は相次ぐのか?

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


2019年のパブリッシャーが合併によって救われるとは、誰も思っていない。それでも、合併の波が押し寄せつつある。誰もが、自分たちにとって不利なように思える広告市場からの脱却を図っているのだ。【※本記事は、一般読者の方にもnoteにて個別販売中(480円)です!】