ワーナーメディア、デジタルメディア支援の投資部門を閉鎖:マイクやマッシャブルへの投資企業

ワーナーメディア(WarnerMedia)に改名される以前、タイム・ワーナー(Time Warner)はデジタルメディアへの最大の投資会社として知られていた。だが、大きく揺らぐこの業界のなかで新たに親会社を迎えた同社は、投資部門からの撤退を進めており、投資を受けていた企業は不安定な状況に置かれている。