いかに『タイム』は10年連続の収益減から復帰したのか?:デジタルだけで36%の売上増加

アイコン的な赤枠と誇りあるジャーナリズムの歴史を持つ雑誌『タイム(Time)』だが、『ニューズウィーク(Newsweek)』や『USニューズ&ワールド・レポート(U.S. News & World Report)』がたどった「凋落するニュース週刊誌」という歴史の流れには逆らおうとしている。

近年、タイム社(Time Inc.)の収益は長く減少を続けてきた。そんななか、2015年の収益4%増加、デジタルでは36%の増加という結果は、大きな歓声をもって迎えられる。タイム社CEOのジョー・リップ氏は、「10年間の継続的な収益減少をこのチームはひっくり返すことができた」と、投資家たちに語った。ロウワー・マンハッタン・オフィスでのオープンハウスでのことだ。

いかにそれを達成したのか、そして今後の展望についてタイム社のエグゼクティブたちが語った。