THE PROGRAMMATIC PUBLISHER

パブリッシャーと SSP 、関係変化で「代替識別子」が普及:「複数のソリューションを使う必要がある」

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


アドテク業界各社が個人情報保護問題の解決策を模索するなか、サプライサイドプラットフォーム(SSP)はいまふたたび、事業改革に乗り出した。というのもSSPのビジネスはもともと差別化が難しい。事業を刷新しないかぎり、成長はおぼつかないだろう。