「世界がかつての状態に戻ることはない」:暗闇のなかを手探りで進むパブリッシャーたち

2種類の見方が現れはじめている。ひとつの見方は、経済(つまり業界)はたしかに打撃を受けたものの、最終的には強力なファンダメンタルズを備えた以前の状態に戻るというもの。もうひとつは、何年ものあいだ苦しい状況が続き、大きく停滞するというものだ。ーー米DIGIDAY編集長のブライアン・モリッシーによるコラム。