ブランデッドコンテンツ の不振、媒体社たちの対応とは?:「イノベーション予算は消えた」

パブリッシャーにとってブランデッドコンテンツは手間がかかる割に利益の低い「商品」だ。しばしば編集部門とセールス部門の摩擦の要因ともなってきた。コロナ禍によってブランドの支出は厳しくなり、ブランデッドコンテンツへの投資は減少。今後のパートナーシップに期待し、小規模なキャンペーンを引き受けている状態だ。