「シークレットモードでも読ませない」:ペイウォールブロッカーの台頭と、対策を急ぐパブリッシャー

DIGIDAY+ 限定記事 ]サブスクリプションを展開するパブリッシャーがペイウォールの引き締めを行っている。かつて、その常套手段は抜け道をふさぎ、加入前に読める記事本数を減らすといったものが主だった。だが、読者収益が主体となるにつれて、支払い回避手段もまた洗練されている。パブリッシャーはこうした抜け道もふさぐ取り組みを行っているのだ。