スポーツアプリのオトロ、なぜ「サブスク」を撤退したか?:ローンチから6カ月の方針転換

DIGIDAY+ 限定記事 ]サブスクリプションは決して容易なビジネスモデルではない。

サブスクリプションのスポーツアプリ、オトロ(Otro)はローンチから6カ月後にオーディエンスと収益源を増やすためビジネスモデルを変更し、デジタルコンテンツスタジオの立ち上げを行った。

メディアから大きな注目を集めながら12月にローンチしたオトロは、スポーツファン向けに動画やサッカーのトップ選手による投稿を独占配信するアプリだ。オトロの売りはリオネル・メッシ選手やネイマール選手、デイビッド・ベッカム氏といった世界的なサッカープレイヤー17名による独占投稿コンテンツで、いずれのプレイヤーもマーケティングにおける莫大な影響力とソーシャルメディアのフォロワー数を有する。

ソーシャルメディア上でコンテンツを無料配信したところ良い反応を得られたことから、同社はペイウォールを廃止してデジタルコンテンツスタジオの立ち上げへと舵を切った。オトロの最高クリエイティブ責任者を務めるクレア・マカードル氏は以前、バイアコム(Viacom)のコメディ・セントラル・インターナショナル・スタジオ(Comedy Central International Studios)でバイスプレジデントも務めた経歴の持ち主で、これは同氏にとっても馴染み深いビジネスモデルだ。

「設立から間もない企業として、この競争の激しい市場で生き残るために他社と異なるアプローチも積極的に試している。オーディエンスが求めるコンテンツを提供できるようにビジネスモデルを構築したい」と、マカードル氏は語る。「この市場が競争の厳しい市場というのは誰もが認めるところだろう。新規参入企業として、ほかの分野におけるトレンドを観察し、柔軟かつ身軽に調査するのもひとつのやり方だ」。

ビジネスモデルシフトの中身