コンテンツスタジオ に苦境、その先の未来はどこに?

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


あらゆる種類のパブリッシャーが最近、コンテンツスタジオに押し寄せている。主要プラットフォームと差別化して依存度を減らすのが、その目的の一部だ。だが、こうした試みの完成度が高くなりはじめるにつれ、業界や、パブリッシャーのコンテンツスタジオ内で、進化の次の段階がどういうものになるのか疑問視する声が出てきている。【※本記事は、一般読者の方にもnoteにて個別販売中(190円)です!】