逆に生産性ダウン? Slack など「生産性向上アプリ」の弊害

DIGIDAY+ 限定記事 ]Slackが登場したのは2013年にさかのぼる。当初はゲーム会社の社内開発者向けツールだった。目的は、従来のヒエラルキー構造が支配するeメールを用いたオフィスでのコミュニケーションに変わる、より魅力的で協調的なワークフローを提案することにあった。だが、どの企業文化でもこれが適しているわけではない。

「DIGIDAY+ ライトプラン」は、30日間無料でお試し可能です!(※新規入会限定)