「分散型」動画に賭けた、経済サイト「クォーツ」の挑戦:半年の成果は、なんと4500万ビュー!

2015年春、経済ニュースメディア「クォーツ(Quartz)」は、自社サイトではなくFacebookやYouTubeで、リアルタイム配信を担当する3人の動画チームを編成。同誌は創刊当初から動画コンテンツに関する実験を重ねていた。その結果、Facebookニュースフィードでは動画が好まれると確信したという。

「クォーツ」は、半年間でFacebookやYouTubeに130本のビデオを配信。4500万もの視聴数を獲得した。その大多数はFacebookでの視聴だったという。一方、YouTubeの公式チャンネルでの視聴は、160万しかなかった。「たった3人で運営したのに、勇気づけられる結果を得られた」と、発行人のジェイ・ラーフ氏は語る。

いまや「クォーツ」は、Facebook内で影響力のあるビジネス媒体のひとつになっている。9月の集計では、2027本の記事にエンゲージメントが200万以上もあったと、ニュース記事リサーチ会社のニュースウィップ(Newswhip)は分析している。