サブスクに踏み込む大手メディア、「新役職」が続々誕生

大手メディア企業はどこも、独自のサブスクリプション制ストリーミングサービス、すなわち、彼らが「消費者直結型」製品と呼んでいるものの確立に真剣に取り組みはじめている。歴史的にサブスクリプション制サービスを販売してこなかったそうした企業たちは、それによって、新しい管理職の役割や責任を生み出す必要に迫られている。