権利を買い漁る Netflix 、クリエイターにとって毒か薬か?

Netflixは2018年、コンテンツ予算に80億ドル(約8500億円)も注ぎ込むという決断を下した。これは、テレビスタジオやデジテルメディア企業にとって大きなチャンスだ。だが、その一方で、マーケティング機会に関する確約のないまま、肥大化するコンテンツの海のなかで自社の番組が埋もれてしまうリスクも出て来る。