MTV、5本の新ポッドキャスト番組で「復活」を祈願:旧「若者向けメディア」の現在

MTVによるポッドキャストの開始は、テレビよりも常に携帯電話の画面を見ている若者たちをターゲットにしていることを示す動きだ。MTVニュースの編集ディレクターを務めるダン・フィアマン氏は、米DIGIDAYの取材に対し、ターゲットオーディエンスである若者について、彼らが利用するコンテンツの80%は携帯電話上のコンテンツであり、そうしたオーディエンスが利用できるポッドキャストという選択肢は、これまでサービスが不十分だったと指摘した。

フィアマン氏は、次のように話す。「MTVニュースはMTVをデジタルで支えるエンジンだ。すべてが事実からなる話を伝えるという考え方に目を向けた場合、我々はオーディエンスがどこにいても携帯電話上で配信できるし、ポッドキャストもそうした手段のひとつだ」。