落ちぶれる、「ミレニアル世代」向けのニュースメディア:なにに躓いたのか?

かつてニュースは、ミレニアル世代のために手直しする必要があった。2010年代、パブリッシャーたちは規模の拡大方法を模索しており、Facebookはユーザーの注目を多く集めるコンテンツに飢えていた。そのとき連邦準備制度から放出された自由な資金源を注視していたVCたちは、新たな投資機会を探していた。