FUTURE OF MEASUREMENT

CPM、ビューアビリティの次は「アテンション」?:アドテク業界のキーパーソンが注目する新指標

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


メディアの評価指標を巡る議論において、「アテンション(Attention)」の観点が強い支持を得つつある。2年前に設立されたアドテク企業のアデレード(Adelaide)は、デジタルメディアの売買を、CPMやビューアビリティに基づく指標からアテンションに基づく評価に移行させることを目指している。同社は先日、200万ドル(約2億2000万円)の資金を調達したところだ。