W杯 をめぐる、メディアの傾向がわかる 5つのチャート

ワールドカップが開催されているが、広告主の反応はこれまでのところは抑制されている。

人々のワールドカップの視聴方法が細分化されており、広告主は、従来とは違うやり方で注意を引かなければならない。広告の事業上の成果を示すよう圧力が高まっているので、ブランドは2018ワールドカップのスポンサーになるのも躊躇している、と英調査会社グローバルウェブインデックス(GlobalWebIndex)のシニアトレンドマネージャーであるフェリム・マグラス氏は語る。

2018ワールドカップの傾向がわかる5つのチャートを紹介する。

オンラインでの視聴に勢い

1万2200人以上を対象にした市場調査会社イプソス(Ipsos)の調査によると、世界のインターネットユーザーのうち、62%はワールドカップの試合をTVで視聴するつもりで、4分の1はオンラインで視聴する予定だ。この傾向がもっとも顕著なのは発展途上国で、オンラインで視聴予定のインターネットユーザーは中国で47%、次いでインドで45%、サウジアラビアで44%となっている。オンラインでの視聴へのシフトにより、2018ワールドカップのスポンサーシップ売り上げが、前回より1億7900万ドル(約197億円)少なかった理由の説明がつくし、今後の大会では予算の増加ペースが鈍化するだろう、と戦略エージェンシー、MTMスポーツ(MTM Sport)の上級コンサルタントであるティム・パート氏は述べている。

WC.Fin_.G1

Source: Ipsos

ソーシャルも利用

ワールドカップ視聴者3万4100人以上が対象のグローバルウェブインデックスの調査によれば、ワールドカップの試合をTVで観戦するファンの半分超(51%)は、ソーシャルメディアを利用し、半分は視聴中に友人とチャットやメッセージのやりとりをする予定だという。この調査結果は、ワールドカップをめぐって今年行われたマーケティングキャンペーンの多くのタイミングに反映されている。ワールドカップ関連のメディア支出が増加したのは、開幕前ではなく開幕後だったと、メディアエージェンシーのゼニス(Zenith)で予測担当責任者とグローバルインテリジェンス担当ディレクターを務めるジョナサン・バーナード氏は指摘している。

WC.Fin_.G2

Source: GlobalWebIndex

サッカー関連のインフルエンサーの台頭

サッカーがライフスタイルとエンターテインメントの象徴になるにつれ、ファンのロイヤルティが深まっている。ニールセン(Nielsen)によれば、1~5月のソーシャルメディアのフォロワーによる「いいね!」やコメント、リツイートは、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド選手が5億7000万件で、エンゲージメントが2番目に高いネイマール選手よりも2億7000万件以上多かった。「ブランドは現在、戦略構築の柱としてもっと個人的な物語を求めているので、チームよりも選手を追い求めている」と、バーナード氏は語る。

WC.Graph_.three_

Source: Nielsen

Facebook離れ

ソーシャルメディアコンサルタント企業ピッチサイド(Pitchside)によると、若手のサッカー選手は、Facebookからインスタグラムにシフトし、ストーリーのような機能を利用して生活を共有することで、試合を超えてファンと結びついているようだ。プレミアリーグのトップ選手30人の場合、2月から5月の国内でのサッカーシーズン終了までに記録されたファンのデータによれば、インスタグラムがオーディエンス総数の53.2%超(ファン1億650万人)を占め、Facebookはファン5380万人で26.4%を占めるにとどまっている。同じ調査から、プレミアリーグのトップ選手400人では、10人中4人超(41%)がFacebookに公式アカウントを持たず、インスタグラムのアカウントを開設していないのは9%であることもわかった。

Screen-Shot-2018-06-18-at-19.51.59

Source: Pitchside

中国での注目度

中国のチームは2018ワールドカップへの参加資格がなかったが、それでも中国のサッカー熱は下火になっていない。電通イージス(Dentsu Aegis)によれば、広告主が注視するなか、中国では、ワールドカップへの熱狂から、広告支出が前年の5.4%から今年は6.5%に増加して6300億元(約10兆円)に達し、世界全体の広告投資の16.2%を占める見込みだ。ニールセンによると、そうした支出の大部分は中国のミレニアル世代がターゲットになるという。ミレニアル世代のファンのこうした「急増」は、ほかの市場では一般に見られず、10年経てば、中国国内でサッカーが一大スポーツになりうることを示していると、ニールセンの調査のグローバル責任者であるマイク・ラッグ氏は述べている。

GW.Fin_.5

Source: Dentsu Aegis

Seb Joseph(原文 / 訳:ガリレオ)
Photo by Shutterstock