講談社「ボンボンTV」、その華麗なる「復活劇」の軌跡:漫画編集者はなぜ ユーチューバー を志したのか?

講談社が運営する「ボンボンTV」が2018年1月、チャンネル登録数100万人を超えた。UUUM(ウーム)との共同運営となっている、このYouTubeチャンネルは、総動画再生数も16億回を突破している。かつての人気コミック誌『コミックボンボン』は、なぜYouTubeチャンネルとして復活したのか?