あえてBuzzFeed路線をハズす、新興動画メディアの試み:CNNのリソースで若年層へ訴求

動画ネットワークプロバイダー企業、グレート・ビッグ・ストーリー(Great Big Story:GBS)のオフィスは、ニューヨーク市のユニオンスクエアの近くにある。入って最初に気づくのは、フラットスクリーンモニター7台が設置された壁だ。モニターに映し出されているのは、いずれもソーシャル配信型動画ネットワークばかりだ。YouTube関連のデータの随時集計や再生回数の日々の推移、大手ニュース専門局CNNのライブ映像、CNNのソーシャルフィードのトラッカーが写し出されている。

CNNで2年半働いたベテランで、GBSの共同創設者、クリス・ベレンド氏は、次のように述べる。「これらのモニターは、拡張された我々の頭脳だ。あの壁には、チームの仕事ぶりが表れている。チームは制作した動画を大小のモニターで絶えずループ再生し、さまざまな環境でどのように動画が再生されるかを確認できる。動画のパフォーマンスや世界でいま何が起きているかを確認しているのだ」。

GBSは2015年10月、CNNの独立子会社としてスタートした。GBSは、BuzzFeedやVice Mediaを参考に、オーディエンスの年齢層が高い親会社ブランドとの関係に足を引っ張られずに、刺激的なコンテンツ提供で成功してきたこれらのデジタルパブリッシャーの成功を真似たいと考えている。それどころか、GBSの販売担当責任者であるデヴィッド・スピーゲル氏は、BuzzFeedの元ベテラン社員でもある。