「推奨品を買いやすく」:アフィ事業を拡大させる、老舗誌 グッド・ハウスキーピング

グッド・ハウスキーピング(Good Housekeeping)は、決して現代的なブランドではないが、アフィリエイトコマース部門を拡大することで、事業の現代化を推し進めている。

ハースト(Hearst)の雑誌グッド・ハウスキーピングは、1世紀の歴史を持つ製品試験研究機関グッド・ハウスキーピング・インスティテュート(Good Housekeeping Institute)を頼りにしている。年間3000を超えるグッド・ハウスキーピングの製品レビューは、グッド・ハウスキーピング・インスティテュートからの情報提供に基づく。グッド・ハウスキーピング・インスティテュートは英国に13人の調査員を置き、ヘッドホン購入ガイドマットな口紅5選といったレビューのため、ビューティ、ファッション、テクノロジー製品のテストを行っている。雑誌の創刊直後に立ち上げられ、すでに100年近く運営されている。

「推奨したものを買いやすく」

こうしたレビューにはAmazonやスキムリンクス(Skimlinks)のようなアフィリエイト企業など、提携先で商品を購入できるようにリンクが貼られており、売り上げの一部がグッド・ハウスキーピングに入る。

「(グッド・ハウスキーピング・インスティテュートは)文字通り、私たちがやることすべての原動力だ」と、グッド・ハウスキーピングの編集長とハーストのライフスタイル、ホーム部門の編集ディレクターを兼任するギャビー・ハダード氏は話す。「本物の専門知識に基づく彼らの仕事を良質なジャーナリズムに生かすことで、消費しやすく読みやすいものに仕上がる。これはかなり効果的な戦略だ」。

ハースト英国法人にとって、ライセンスと認証は長きにわたる戦略だ。ハーストはこれまでに、雑誌メンズ・ヘルス(Men’s Health)のジム用品雑誌カントリー・リビング(Country Living)のホテルを開発してきた。ハーストは具体的な数字を明かしていないが、グッド・ハウスキーピングのデジタル売り上げは前年から7%増加している。

「グッド・ハウスキーピングは常に、暮らしに関わる問題の解決策を提供するブランドだった」と、ハースト英国法人の最高コンテンツ開発責任者ベッツィー・ファスト氏は話す。「グッド・ハウスキーピングは『私たちを信じれば大丈夫』という存在だったが、私たちはいま、その信頼を利用し、私たちが推奨するものを買いやすいようにしている」。

書籍の推薦でも売り上げ増加

フリーランスのメディアアナリスト、アレックス・デグルート氏によれば、多くの場合、ライフスタイル雑誌(とくに印刷版)の読者はロイヤルティが高い。「グッド・ハウスキーピングは、読者のロイヤルティが高いしっかりしたプラットフォームだ」と同氏はいう。

その証拠に、グッド・ハウスキーピングは3つのニュースレターを発行しているが、もっとも開封率が高いのはグッド・ハウスキーピング・インスティテュートのニュースレターで、非常に集中した読者層を持っている。

また、グッド・ハウスキーピングはオンラインでの本の推薦も強化し、過去6カ月間、書籍の販売による売り上げを伸ばしている。書籍の推薦は雑誌の人気コーナーだが、作家を取り上げた記事、出版のヒント、リスト形式の記事など、オンラインではさらにコンテンツを充実させている。マーガレット アトウッド氏がお気に入りの本を紹介する記事Amazonのオーディオブック、オーディブル(Audible)で聴くべきスリラー小説リストなどだ。グッド・ハウスキーピングによれば、ウェブサイトの本コーナーは10月、前年比138%増のトラフィックを記録したという。

Lucinda Southern (原文 / 訳:ガリレオ)