IN/OUT 2021 - PUBLISHERS

「『D2C』という文脈は、常に真ん中に置いておきたい」:INFASパブリケーションズ 櫻井雅弘 氏

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


2021年にも、新しいトレンドは生まれ、役目を終えたトレンドは忘れ去られていく――。

DIGIDAY[日本版]がお届けする、2020年・2021年の年末年始企画「IN/OUT 2021」。この企画では、我々が開催してきたさまざまなイベントでお世話になった、日本のブランドおよびパブリッシャーのエグゼクティブたちへ、新しい1年にトレンドイン・トレンドアウトするであろう事象について考えを伺った。

INFASパブリケーションズのデジタルマーケティング部で部長/デジタルディレクターを務める櫻井雅弘氏の回答は、次のとおりだ。

――2020年を総括すると、どんな1年でしたか?

さまざまな場面で「変化」が必要で、それに応える1年でした。コンテンツやそのアウトプット先、読者とのコミュニケーション、それらを運営する体制や、個々の働き方、マネタイズの方法に至るまで、あらゆる面で変化が必要でした。その対応自体は困難を伴うこともありましたが、チャレンジには絶好の機会となりました。既存の枠組みは良い意味で壊された結果、我々にとっての顧客である読者と広告主それぞれを中心に据えたカスタマーセントリックな考え方が急速に浸透し、そのニーズに応えるアウトプットをいくつも形にできたことは、来年以降に向けて大きな資産になると手応えを感じています。ビジネス部門からコンテンツへのアイデアがでたり、またその反対のこともたくさんおきましたし、職種や世代の壁は大きく流動的になり「今何が必要か」考えることをメディアのパーパスに照らして向き合えたことは、大変貴重なプロセスでした。

――2021年、必ず押さえておきたいと思う、新しいトレンドは?

トレンドというにはすでに浸透しつつある考え方であると思いますが、ブランディングやマーケティングの体系としての「D2C」という文脈は常に真ん中に置いておきたいと思います。顧客へ提供する価値を機能から意味へ変容させること、顧客を中心とした考え方、5Aモデルのカスタマージャーニー、サブスクリプションモデル、ファンベースのマーケティングなど、現代的なビジネスの要諦が詰まっていると感じています。

概念、フレームワークとしてだけでなく、PR戦略やデータ設計・活用をはじめとした具体的施策に至るまで、組織を駆動させる装置にもなり得るものだと考えています。

――2021年、もはや時代遅れと思える、既存のトレンドは?

これもすでに古くなっていることではありますが、物事を「量」だけで評価するのはいよいよ意味を持たなくなってきたと感じます。(デジタルメディアで言うところのUU数、PV数、フォロワー数など)特に量が「目的」になることは「意味」を見失いやすくなるので自滅への道だと思います。定期的に物差しとして量を見ることはあるでしょうが、あくまで「質」や「意味」を前提とした量であるべきだと思っています。

同じような意図で、手段が目的になってしまいやすい「データドリブン」という言葉も同様にあまり魅力的でなく、誤解を招きやすいのであまり使わなくなると思います。データを使わないということではなく、データ活用という取り組みそのものが目的になってしまわないように。という意味で。

年末年始企画 [IN/OUT 2021] Brands の回答一覧
年末年始企画 [IN/OUT 2021] Publishers の回答一覧

Edited by DIGIDAY[日本版]編集部