偽ニュース問題、自動検証で解決を目指す「ル・モンド」:将来はオープンソース化も

偽ニュースは、オンラインにはびこる害悪と化している。フランスの日刊紙「ル・モンド(Le Monde)」は、そういった虚報を一掃したいと考えている。13人体制で事実確認を担当する同紙の「デコドゥール(Les Decodeurs)」部門が、偽ニュースを大規模に根絶する方法を自動化する手段を密かに開発してきた。