課金購読を止めた「ザ・サン」、デザイン一新で流入25%増

トラフィック活性化を目的に、昨年11月にペイウォールを廃止した、英タブロイド紙の「ザ・サン(The Sun)」。次なる戦略の一環として、去る6月にWebサイトのデザインを一新した。運営元となる英ニュースメディア企業のニュースUK(News UK)は、具体的な数字を明らかにはしないものの、リニューアル以降、ホームページトラフィックが平均25%上昇したと主張している。

ペイウォールの廃止にともない「ザ・サン」では、コンテンツのSEOが強化されている。課金でユーザーを囲っている状況では、頼る必要がなかった施策だ。SEO対策のほかにも、コンテンツプラットフォームのアップデートも行ったという。