プラットフォーム時代、中小パブリッシャーの悲哀:広がるメディア格差をいかに乗り越えるか?

Googleでは、モバイルページの高速化イニシアチブ「AMP(アンプ:Accelerated Mobile Page)」を開発するにあたり、大手パブリッシャーを集め、彼らのニーズをヒアリングした。ニューヨーク・タイムズなどの大手は、独自のコードをAMPへの貢献として供出。当然ながら大手パブリッシャーにとって都合のいいコードだったわけだが、それがAMPフレームワークに取り入れられた。ある意味、パブリッシャーがプラットフォームの一部を成したことになる。

しかし、すべてのパブリッシャーが平等なわけではない。Facebook やGoogleなど、プラットフォーム側が便宜をはかる必要性を感じている大手パブリッシャー以外は、こうしたイニシアチブの方向性に意見を述べることもできず、蚊帳の外から動向を見守るのみだ。プラットフォームへの地殻変動は、大手だけでなく小規模のパブリッシャーにも平等に影響するが、弱小メディアに発言力は無い。