合理化で揺れる、NYタイムズのコピーエディターの告白:「質の低下は避けられない話だ」

ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)では、いま大いに緊張が走っている。去る6月、ニュース制作プロセス全体の合理化計画をめぐって、NYTの編集部員が抗議のために職場放棄した結果、コピーエディターの数が減るからだ。今回の「告白」シリーズでは、NYTのコピーエディターに話を聞いた。