Google、ついにアドブロック問題へ直接介入か?:「受け入れ可能な」広告ポリシーを策定中とのウワサ

パブリッシャーや業界の情報筋によると、Googleがアドブロック問題に積極的に取り組み、「受け入れ可能な」広告ポリシーを探っているという。

GoogleとFacebookは2015年、2社合算でデジタル広告市場の64%を支配した。その力をもってすれば、業界標準となる広告フォーマットに大きな影響を与えられるかもしれない。

アドブロックを使う読者が増えているのは、読み込みが遅く邪魔な広告のせいだとされている。Googleは事業の大半が広告で成り立っており、自社サイトでアドブロックを回避して広告を表示するために巨額の費用を支払っていると報じられることもあった。Webを広告にとって安泰な場所にするために、かなりの投資をしているのだろう。