Facebook の選挙対策、パブリッシャーから異論の声:「非常に危険な傾向だ」

Facebookは5月24日、新しい広告ラベリングポリシーを発表した。米国における大統領中間選挙を見越して実施されたこのポリシーの狙いは、政治広告をより透明にして、プラットフォームによる干渉を抑えるところにある。

しかし、このポリシーは、自分たちのニュース記事が政治的アドボカシー広告として扱われることを懸念するパブリッシャーたちから非難を浴びている。政治的内容を広告するために広告主は身元を特定させる必要があり、オーディエンスは投稿から広告主の情報や閲覧者数、投下予算などを知ることができるからだ。これは政治政党や候補者だけでなく、パブリッシャーによる政治的報道にも影響が及ぶ。この方針に反発して、少なくともファイナンシャル・タイムズ(The Financial Times/ FT)とニューヨークメディア(New York Media)の2社は、Facebookにおける有料メディアへの支出を取りやめた。

Facebookは、2016年アメリカ大統領選で湧きあがったプラットフォーム上における偽情報の拡散をめぐって強烈なプレッシャーを受けており、このポリシーはその対応の一部だ。しかし、一部のニュースパブリッシャーはFacebookに資金を投入して、彼らの記事の認知を広げようとしている。サブスクリプション型パブリッシャーの場合、トラフィックの一部が有料購読者になってくれることを期待しているのだ。Facebookのポリシーは、政治広告と同じようにパブリッシャーの有料ニュース記事をラベル付けし、アーカイブに保管することだと、業界団体のニュースメディア連合(News Media Alliance)は訴え、有力報道機関はそのポリシーが免除されることを求めている

Facebookは5月25日、そのポリシーについて議論するために、記者たちとの電話会議を実施した。政治に関するニュースは別ものであり、そのアーカイブ内でニュース以外のコンテンツとニュースを区別する方法を見つけることに尽力したと、Facebookのエグゼクティブたちは述べている。だが、詳細やタイムラインは明らかにされなかった。

パブリッシャーの懸念

パブリッシャーのなかには、広告主が自らの身元を証明するというFacebookポリシーの要件、つまりパブリッシャーの発言がパブリッシャーの従業員の責任リスクを引き起こす可能性のある規定に関して懸念も表明しているものもいる。

「アドボカシーとニュースをまとめてしまうことは、非常に危険な傾向であると強く信じている。法的責任についても明確さに欠けている」と、FTのチーフ・コマーシャル・オフィサー、ジョン・スレード氏は語る。

「ニューヨークメディアは当面、政治的なものにはなりえないことがはっきりしない限り、コンテンツおよびブランドプロモーションのためのFacebookにおける有料マーケティングを取りやめる。つまり、我々の理解としては、Facebookの広告アーカイブ公開要件次第ということだ」と、同企業の広報担当者はいう。「政治擁護団体やプロパガンダを広める人々と質の高いニュースパブリッシャーをひとまとめにすることに我々は反対し、そうした行為は我々のジャーナリズムの使命を果たす能力の妨げとなると考えている。Facebookが質の高いニュースパブリッシャーのために適切なソリューションを見つけることを願う」。

「この問題はニュースビジネスに関わるすべての人間に影響している。個々のパブリッシャーと提携することが何を意味するのかわからない。なぜなら個々のソリューションがないからだ。特にニュースパブリッシャーの話になると、彼らは常に、この分断し、征服しようとする本能を出してくる。なぜ彼らはパブリッシャーと個別に提携することを好むのだろうか? 私のネットワークには2000の報道機関がある。もちろん、彼らがそれぞれ個別に業務提携をすることはない」と、ニュースメディア連合のプレジデントでありCEOのデビッド・チャバーン氏はいう。

ほかにも問題は山積み

広告ポリシーは、パブリッシャーたちがFacebookに立ち向かう最前線のひとつでしかない。Facebookは質の高いパブリッシャーのニュースを厚遇するというが、パブリッシャーたちはそのような品質の定義方法に疑問を呈している。Facebookはパブリッシャー向けのサブスクリプションツールをテストしているが、テストは限定的で、制限がある。もちろん、パブリッシャーは同プラットフォームでコンテンツを配信することで、それなりの収入が得られるかどうか引き続き思案している。

有料トラフィックアクティビティを中断することに、リスクがないわけではない。パブリッシャーがFacebookからかつて得ていたものに比べて、エディトリアルコンテンツに対するオーガニックリーチが徐々に減っている。ニュースフィード内のニュース記事を重視しないとFacebookが述べた1月に、そのトレンドは強まった。しかし、同プラットフォームは依然として彼らにとっては重要なトラフィック源だ。スレード氏によると、FTは期待していたFacebookからのトラフィックが減少し、それを補うためにFacebookへの支出をほかのどこかに切り替えることを検討するだろうという。

Lucia Moses(原文 / 訳:Conyac)