平均32%も減った、主要メディアの「Facebook流入」:いまニュースフィードでなにが起きているのか?

調査企業シンプルリーチ(SimpleReach)の報告によれば、Facebookへの依存度が高い上位30パブリッシャーにおいて、同サービスからの参照トラフィック(デスクトップとモバイル)が、2015年1〜10月で32%減少した。上位10パブリッシャーに関しては、より影響が濃くなり、42.7%も減少したという。

アクセス解析サービス「SimilarWeb」でも同じ結果が出た。上位50社では「ハフィントンポスト」は2015年第1四半期~第3四半期にかけて、Facebookからのトラフィックは60.1%落ち込んだ。「Foxニュース」は48.2%、「BuzzFeed」は40.8%の減少だという。

上位50社へのトラフィックがもっとも減ったのは1月から2月にかけて。平均して75%も落ち込んだ。3月から4月にかけても、落ち込みが顕著だった。ちなみに「SimilarWeb」の集計はデスクトップのみ。モバイルからのトラフィックが50%近いパブリッシャーにとっては、全容を語っていることにはならない。だが、デスクトップからの売上が大きな部分を占めるパブリッシャーがいまもほとんどのため、重要な問題だ。