FB「Messenger」ボット、パブリッシャー対応が鈍い理由:なかなか増えない参加メディア

Facebookが2016年4月に、アプリ「Messenger(メッセンジャー)」のボットプラットフォームを発表。あわせて、「CNN」「ウォールストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal、WSJ)」、そしてお天気サービスの「ポンチョ(Poncho)」といったローンチパートナーを公表したことで、ボットの製品化は大きく前進した。第一陣に加われなかったほかの企業もこの機会に乗じ、自分たちもユーザーとの交流(および記事のプッシュ通知)のために、まもなくボットを提供すると急いで発表している。

しかし、それ以降、ボットのリストは、ローンチ時点で提供された一部のパブリッシャーとブランドから、大きくは増えていない。理由はいくつかある。パブリッシャーの複数の開発者によると、Facebookはボット登録の殺到に備えていなかったらしく、いま彼らはひたすらゴーサインを待っている状態だという。ある開発者は、「Facebookはすべての登録を受けつけて、承認できるだけの備えができていない」と、話す。