BuzzFeed、Twitchに注目しはじめる:Facebookライブ動画の劣勢に伴い

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


今年初頭より、ニュースチャンネルにおけるFacebookライブ動画のビュー数が大幅に下落していることに気がついたBuzzfeedは、新たなオーディエンスにリーチするため、Twitch(ツイッチ)をはじめとする別プラットフォームを探すよう、担当チームに促した。

この6カ月間でBuzzfeedは、Twitchのライブストリームを4本配信。内容は、海底からのライブ放送と、残りは選挙結果の配信だ。週末には新たなオーディエンス獲得のため、イギリス王室の結婚式の様子をFacebookやYouTube、Twitter、そしてTwitchで放送した。Twitchは現在、Amazonの傘下にあり、ゲーム配信向けプラットフォームとして注目を集めてきた。

Buzzfeedのライブ動画部門で5名の専門チームを率いるアンドリュー・キンメル氏は、「より多くのパブリッシャーが(Twitchに)ゲーム以外のコンテンツを載せるようになっている。そのため、我々も転換をはじめている」と話す。「いまがタイミングだと感じる。パブリッシャー各社もビデオゲームに直接関係ないストリーミングをオーディエンスに提供できるようになっている。新たに探索の余地がある領域だ」。

遊び心のある実験場

今年1月、マッコーリー・キャピタル(Macquarie Capital)のアナリスト、ベン・シャクター氏は、ケーブルチャンネルのFOXニュースおよびESPNを引き合いに出し、Twitchが平均100万人ものビューワーを抱えていると指摘した(ただ、テレビとデジタルのビュー数は測定方法が異なるため、単純比較はできない)。

BuzzfeedはいまもTwitchについて詳細を精査し、どのようなコンテンツがFacebookよりもAmazon所有の同プラットフォームに適しているか、洗い出そうとしている。今年、Buzzfeedニュースが掲載したFacebookライブ動画のビュー数は、いずれも5万件にも満たなかった。唯一、海底からの放送の回だけは16万8000ビューを獲得した。ニュースウィップ(NewsWhip)のデータによると、ライブ動画のインタラクションは、数年間で大きく変動しているという。キンメル氏はテストの初期段階でのファンやビュー数の詳細については、発言を控えた。Twitch上でのBuzzfeedは、ファン0人からスタートするため、徐々に上昇していくことになる。Twitchの発見可能性は、FacebookよりもYouTubeに近い。オーディエンスはニュースフィードをスクロールするのではなく、検索してくるので、オーガニックなオーディエンスを構築するには時間がかかる。

Facebookライブ動画同様、Twitchはパブリッシャーにとって遊び心のある実験場のようだ。ただ、Facebookの場合、昨年末に資金投入をやめるまで、この実験を行うパブリッシャーには対価を支払っていた。Facebookのライブビューは、しばらくの間停滞している。財政的インセンティブがなければ、パブリッシャーの目が別の場所に向くのも自然なことだ。ワシントン・ポスト(The Washington Post)は4月、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが議会に出席している動画3本をTwitchで配信しており、もっとも人気があったものでビュー数は実に7000件だった。また、「サタデー・ナイト・ライブ(Saturday Night Live)」とNFLもまた、同プラットフォームでの放送開始を発表した。

メリットはほかにもある

Twitchのメリットはほかにもある。Buzzfeedは録画済みのコンテンツを予定配信し、またシリーズの再放送をリリースすることもできる。Facebookではライブ動画のみだったが、より収益性の高いコンテンツを追加することができるのだ。Buzzfeedの場合、Twitchはプレロール広告を管理し、収益をパブリッシャーと折半する。

Twitchの広報担当者は「当社のゲーム以外のカテゴリーで、もっとも成長率が高いのはIRL(イン・リアル・ライフ)の分野だ。IRLは、ユーザー自身が身の回りの出来事をキャプチャするものだ。我々のチャットはエンゲージ率の高い、インタラクティブなコミュニティなので、それぞれのイベントが世界規模でリアルタイムな体験として共有できるのだ」。

2016年のイギリス解散総選挙中、BuzzfeedはFacebookと共同で同国の政治家同士のディベートをライブ配信した。そのなかでインタラクティブな世論調査を実施し、視聴者から質問を募集した。「我々はライブ動画のインタラクティブ性を目指し、コンテンツを構築している。それが、未来なのだ」とキンメル氏はいう。「ライブテレビではできない形で、視聴者とエンゲージするのだ」。

視聴者と語り合う機会

12月にアラバマ州で行われた選挙結果で、BuzzfeedはTwitter上で210万人ものライブ視聴者を獲得している。このことから、キンメル氏は、テレビよりもオンラインで政治的なコンテンツを見たいという要望を持つオーディエンスが十分に存在すると考えている。

「オンラインのオーディエンスとテレビ視聴者とのあいだには、大きな違いがある」と彼はいう。「これらのプラットフォームにより、我々は直接視聴者と語り合う機会を手にすることができるのだ」。

Lucinda Southern(原文 / 訳:Conyac