DIGIDAYリサーチ:米・パブリッシャー業界で働く人の40%が差別を経験

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


この数年間、いくつかの業界で#MeToo運動が吹き荒れた。性差別や人種差別など、さまざまなタイプの差別に関する議論が米国全土ではじまった。しかし、米DIGIDAYがパブリッシャー業界で働くおよそ200人を対象に調査したところ、半数近い回答者が状況はほとんど変わっていないと述べている。