英コンデナストのCMS改革 〜すべてのメディアで、モバイル広告とネイティブアドを最適化

傘下に「ヴォーグ」「GQ」「ワイアード」など10の雑誌を擁しているコンデナスト社。今回、その英法人ではデジタル展開での収益化見直しのため、モバイル広告とネイティブアドの爆発的な成長に合わせて、全メディアのCMS(コンテンツ管理システム)の改革を始めた。

この8カ月に及ぶ改革では、迅速なデジタルプロダクトの運用とネイティブアドの増強を目指すという。デスクトップのホームページへのトラフィックは4%まで落ち込んでいる一方、モバイルからのアクセスは全体の約半分にまで膨れ上がっているからだ。また、Googleアナリティクスのデータでは、7月から9月の「Vogue.co.uk」のユニークビジターは225万人。うち、58%となる130万人はモバイルからのアクセスだった。

これを受け、「GQ」を筆頭に、傘下の10雑誌すべてが統一のCMS(コンテンツ管理システム)で運用されることになる。新しいCMSでのサービス開始後には、無限スクロールが実装され、フィードベースのナビゲーションや、従来よりも多くのネイティブアドを掲載していく予定だ。記事のロード時間に関しても、プレロード機能を採用して向上させるという。米DIGIDAYは、ハリス氏にそうした改革の概要について語ってもらった。