BuzzFeed Japan、ヤフーとともに順風満帆な船出 〜その強大なバズは日本の若者に届くのか?

BuzzFeed Japanは2015年1月20日、メディアローンチ会見をシェラトンホテル東京で開催。BuzzFeed米国版編集長のベン・スミス氏(TOP写真左)、BuzzFeed Japan創刊編集長の古田大輔氏(TOP写真中央)、同社代表取締役の高田徹氏(TOP写真右)が新メディアの展望を語った。テレビなどがリーチしにくいミレニアル層(1980年〜2000年に生まれた若年層)に、ソーシャル拡散などによって到達できるのがBuzzFeedの強みだが、日本でも同様の展開が再現できるか、注目が集まる。

BuzzFeedはベンチャーキャピタル(VC)支援型の米新興デジタルメディア(推定投資額は3億ドル=約360億円)。海外版11媒体をもち、世界にオフィス18カ所を構えている。従業員数は1300人超で、編集部員は475人(そのうちニュース編集部は190人)。映像制作部門には200人在籍する。30以上の外部のプラットフォームに記事を配信しており、各プラットフォーム合計すると月間50億ビューに及ぶという。

日本版の編集体制は、ニュース部門に4人、ライフスタイル担当に4人、編集者2人、そしてソーシャルエディター2人という布陣。毎日20本の記事が公開され、日本版オリジナル記事と翻訳の比率は半々になるという。なお、編集部と広告制作部門は完全に分離している。