「退屈さ」が「セクシーさ」に勝つ、メディアの新しい現実

いま勝利を収めているのは、退屈なメディア企業だ。ニューヨーク・タイムズが、広告売上の減少にもかかわらず、勝者として位置づけられているのは偶然ではない。同社は直近の業績悪化で学んだ教訓を生かして、事業を簡略化し、自社の独自性、つまり退屈ながらも「金を払う価値のあるジャーナリズム」に焦点を絞ったからだ。