ブルームバーグ、動画コンテンツの新しい販路を開拓:デルタ航空との契約を締結

0
Turn on tldr

米大手総合情報サービス企業のブルームバーグ(Bloomberg)が、動画コンテンツの新たな販路を見つけた。航空企業だ。

先日、同社はデルタ航空と最新の(そしてもっとも野心的な)ライセンス契約を交わした。「デルタスタジオ(Delta Studio)」というデルタ航空の機内エンターテインメントシステムのために、ブルームバーグが3つの30分動画シリーズを作成することになったのだ。

その3つのうち、1つ目が政治を取り扱っている「ウィズ・オール・デュー・リスペクト(With All Due Respect:失礼ながら)」という動画シリーズで、デルタ航空専用バージョンを作成することになっている。2つ目はテクノロジー業界の女性リーダーたちを特集する「スタジオ1.0(Studio 1.0)」という動画シリーズ。そして、3つ目は、人々の幸せや健康などの改善を目的とした「グッドフォーチューン(Good Fortune:幸運)」という動画だ。