【一問一答】「ダイナミックアロケーション」の開放とは?:ヘッダー入札に対するGoolgeのアンサー

デジタルマーケティングの未来に示唆を与える用語をわかりやすく説明する、「一問一答」シリーズ。今回のテーマは、「ヘッダー入札」に悩まされるようになったGoolgeからの和解策「ダイナミックアロケーション」です。

ダイナミックアロケーションの開放が約束の通り実施されれば、Googleの主要な競合社がオークションでの力を取り戻す戦術として活用している「ヘッダー入札」は、必要なくなるかもしれません。こうしたルールの変更とパワーバランスの変化に対して大切なのは、Googleのオークションにおけるダイナミックアロケーションに目を向け、それが広告主とパブリッシャーにとって、何を意味するものなのかを知っておくことです。