Firefox 最新アプデで、プライバシー保護の流れは強まる?:大転換の前触れか?

広告ターゲティング目的でのユーザー個人データの利用の取り締まりに関して、主導的立場にあるのは規制当局ではなく、ブラウザだ。
 
9月第1週、話題をさらったのはモジラ(Mozilla)だった。同社が最新のFirefoxブラウザアップデートに追加すると発表した「トラッキング保護強化(Enhanced Tracking Protection)」機能は、デフォルトですべてのサードパーティCookieをブロックする。同様の機能は、これまでアプリまたはデスクトップからブラウザを新規にダウンロードしたユーザーだけが利用できたが、今後は全ユーザーが対象となる。

Firefoxはとても覇権を握っているとはいえない。ネットマーケットシェア(Netmarketshare)によれば、全世界における月間の市場シェアはデスクトップで9.3%であり、Google Chromeに次ぐ2位につけてはいるものの、Chromeの66%には遠く及ばない。それでもAppleのSafari(3.6%)よりは上だ。Firefoxのモバイル市場シェアはさらに微々たるもので、モバイルデバイスで使われるすべてのブラウザのうち1.3%に相当する。Chromeは64%、Safariは27%だ。

しかし、Appleのトラッキングに対する厳しい姿勢や、広まるデータ保護規制の圧力とあわせて考えると、今回のFirefoxの動きはデジタル広告業界に緊張を走らせるのに十分だ。とりわけ、Google Chromeがこの流れに追従し、サードパーティCookieをデフォルトでブロックすると言い出すことを、関係者は恐れている。

ブラウザ間の軍拡競争