Twitterにフラストレーションを抱えるパブリッシャー:シェア数表示廃止の影響とは?

Twitterなどのソーシャルプラットフォームは、絶え間なくアップデートを繰り返しているような印象を与える。

ニュースサイト「スレート(Slate)」の幹部は2015年11月20日、自社サイトからTwitterのシェア数表示が消えていたことに驚いたという。ソーシャルサービスにおける記事の重要度をモニタリングするのに、シェア数(シェアカウント)表示を利用していたのだ。「我々は不意を突かれた」と「スレート」のダン・チェック副会長は認めた。

シェアボタンのシェア数表示を廃止しようとしているTwitter。「スレート」だけでなく、記事ページにカウント表示していた「ハフィントン・ポスト」や「エンターテインメント・ウィークリー」などのパブリッシャーにも影響を与えている。