検索流入もターゲティングする、Twitterのアドテク戦略:なぜGoogleとの関係を深めるのか?

Twitterは、オーディエンスがログインしていなくても、Googleの力を借りて、ターゲット広告が可能だと考えている。Twitter USの広告営業部長であるマット・デレラ氏は、米Digidayの取材に応え、TwitterとGoogleの関係の深まりについて語った。

Twitterでは、これまで弱点であったダイレクトレスポンスマーケティングの改善を示すベータテストを、一部の大口広告主と実施中であるという(広告主の名前は明らかにされていない)。今回、はじめてGoogleのダブルクリック(DoubleClick)を使用して、アドテク改善に取り組み、広告主に対して、売り上げその他重要な指標に広告が寄与していることを示そうとしている。

デレラ氏は、「ログインユーザーでの成果と同じレベルで、広告の成功指標を提供できる」と語っている。