Twitter、30秒以上再生できる「プレロール広告」を試験中:スキップ可能でUXにも配慮

これまで6秒までとされていたTwitterのプレロール広告。これが30秒以上と、飛躍的な長さで配信可能となっている。

プレロール広告が嫌いな人による反発を少なくしようと、即座にスキップできるオプションがつけられている、この長尺広告。2013年から提供されている「Twitterアンプリファイ(Twitter Amplify)」プログラムの一環として、パブリッシャーの動画投稿の前に掲載される。同プログラムの売上は、コンテンツのクリエイターとTwitterに等分されるという。

アンプリファイの提携先メディアの多くが、長時間の広告オプションとスキップボタンを2016年1月の第3週から公式ローンチしたことを認識していたようだ。Twitterは、この件に関してのコメントを避けた。しかし、米DIGIDAYに原文記事が掲載された2016年1月22日の翌日、同社COOのアダム・ベイン氏が、本記事の内容をツイートで認めている。