2019年、 SSP たちはテック手数料の「透明化」に賭ける

アップネクサス(AppNexus)、ルビコン・プロジェクト(Rubicon Project)、インデックス・ エクスチェンジ(Index Exchange)は、プログラマティックの予算の不透明な取引方法を敬遠し、バイヤーがそうしたオークションの謎を解くのを手助けできるベンダーとして、立場を強化しつつある。【※本記事は、一般読者の方にもnoteにて個別販売中(480円)です!】