媒体資料: Facebook の「テレビ・動画広告」予算の勝ち取り方とは?

DIGIDAY+ 限定記事 ]Facebookは、どうすればテレビや動画のアップフロント市場での競争に勝ち残れるかがわかってきているようだ。Facebookが2019年春、広告バイヤー向けに公開したピッチ資料を見れば、それがよく分かる。下記に示したその資料では、Facebookのショーケース(Showcase)と呼ばれる、アップフロントの動画広告プログラムの契約の概要が記されている。そこでは価格や、値引きやキャンセルに関する条項も含まれている。

広告主のアップフロント投資の初回の入札にあたって、Facebookは、テレビ広告に重きを置いている広告主に加えて、デジタル中心の広告主に対してもアピールしていた。Facebookは、昔ながらのテレビから一定額の広告費を奪い取ることには成功している。しかし、広告バイヤーたちは、Facebookは2019年、2020年度のマーケットプレイスで本格的に競争していけるための実験を行っているとの見解を示している。「この資料から、Facebookが基本的な仕組みを理解したことが読み取れる」と、あるエージェンシー幹部は語る。

「ひどく傲慢だというはない」