「成熟したプラットフォーム」: なぜ Amazon 広告収益の伸びは鈍化したのか?

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


DIGIDAY+ 限定記事 ]Amazonの広告事業は近年、爆発的な成長を見せてきた。広告バイヤーらは2017年にこの新たなチャンスに湧きたち、2018年には試験運用として大規模な投資を行った。そんななか2019年は、Amazon自身はいまだ強気だが成長は鈍化しており、バイヤーやアナリストはこれを成熟の証と見ている。