インスタグラム、認定パートナー制度を導入:精通した40社がマーケティングを支援

米Facebook傘下の画像共有SNSインスタグラム。同プラットフォーム上での広告やマーケティング活動を支援するため、およそ40社のアドテク企業を「Instagram Partner Program(インスタグラム認定パートナープログラム)」のパートナーとして選出したと、公式ブログ記事で発表した。広告主であるブランド企業は、インスタグラムでの活動に精通したこれらの認定パートナーと手を組むことで、より良い広告効果を上げることができるという。

インスタグラム認定パートナー企業はアドテク技術、コミュニティのマネジメント能力、そしてコンテンツマーケティングといった側面から選定された。初期パートナーにはアドビやフートスイート(Hootsuite)、アダプトリー(Adaptly)といった企業が名を連ねている。日本にオフィスを置く企業としてはトーチライトやセールスフォースなど6社が選定された。

ちなみに、SNSプラットフォームにおける、こうしたパートナーシップは特に目新しいものではない。同じく画像共有SNSのPinterest(ピンタレスト)はすでに同様の仕組みを持っているし、親会社のFacebookにも独自のパートナープログラムがある。これまではFacebookが抱える250万の広告主と、成熟したアドテク技術に一部便乗してきたインスタグラム。今後は独自の広告オプションを提供していくのだろう。