インスタグラム、より長尺な60秒動画広告メニューを発表:先駆けとして名乗りを挙げたのはT-mobile

2016年2月3日、インスタグラムは60秒の動画広告メニューをローンチ。ソーシャル上のトレンドとなっている、ストーリー性が高く、テレビCMよりも比較的長尺な動画広告が配信可能になった。

すでにインスタグラム上には、全米モバイルキャリアでシェア率2位のT-Mobileによる新しい60秒動画広告が配信されている。コンテンツ内容はカナダ出身のラッパー、ドレーク氏が出演するスーパーボール向けCMのロングバージョンだ。